忍者ブログ
多重債務者向けの借り換えローンで借金一本化の金融情報は、おまとめローンに関する情報を提供中
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クレジットカードには、キャッシング枠というお金を借りる機能がついています。
しかし、限度額まで目一杯使ってしまうと、それ以上キャッシングする事は出来ません。

そこでクレジットカードのショッピング枠を利用してお金を借入できるシステムがあります。
キャッシング枠を使い切っても、ショッピング枠を利用して借り入れができるというのがウリのようです。

既にお持ちのクレジットカードという事もあり、警戒心がゆるみがちですが、このシステムの使う前に確認しておくべき点をまとめてみました。


キャッシング枠を使い切るとそれ以上お金を借りることは不可能ですが、ショッピング枠が残っていればカードで買い物は可能です。
それで金券等のモノを買って売るなどして換金してしまえば、結果的に現金を手にすることができるという前提で、このシステムは成り立っています。

つまり、クレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスの多くは、ショッピング枠で買い物をさせ、その後キャッシュバックを行うことで現金化を行っています。
中には売った商品を買い戻すことで現金化する業者もいるようです。
結果的に、利用者は「クレジットカードの枠を使って現金を手に入れた」という気分で、すなわちショッピング枠が現金化できるというシステムです。

しかし当たり前のことですが、クレジットカードで買った分は後で返済することになりますから、実質的にはお金を借りる(キャッシング)行為と同じです。

お金を借りると言えば、本来それを業として行っている消費者金融会社があります。
消費者金融の金利は20%台が一般ですが、「ショッピング枠を現金化」では90%といった高キャッシュバック率を前面に出し、消費者金融より金利が安いということをアピールしようとしています。
果たして、それは本当でしょうか。実際に計算してみましょう。


☆ショッピング枠 100万円
☆キャッシュバック率 9割(90%)
☆カードの引き落とし日 2ヶ月先(商品代金を支払う日)

というケースで考えると、100万円の枠を使い、90万円のキャッシュバックを得る。
これだけだと「利息は10%?」に見えます。
消費者金融が大体20%台ですから、こっちの方が安く見えます。
しかし、問題は「年利が何%か」です。
クレジットの支払日が2ヶ月先であれば、このケースは

★90万円借りて
★支払期限が2ヶ月先で
★100万円にして返さなければならない

つまり、2ヶ月で90万が100万になるから、この期間の利息は約11.1%。
2ヶ月で11%ということは、12ヶ月にすると66%。
つまり、年利66%で借りているのと同じことになります。
仮にキャッシュバック率が95%でも、年利は31%になる計算です。

カードの支払が分割だった場合、現金化利用分の利息は低くなりますが、同時にカード会社の利息が発生します。通常、カード会社の利息は10〜15%ありますから、分割払いにしたところでトータルの金利がこれを下回ることはありません。

なお、これは直接お金を借りているわけではなく、あくまで商品購入代のキャッシュバックなので、利息制限法や出資法には抵触しませんが、キャッシング枠が無くなったから、奥の手というには余りにもお粗末ではないでしょうか。

ショッピング枠を現金化するには前述した内容を踏まえ、納得した上で、利用するなら問題ありませんが、そんな高額の金利を払う計算ならば、もう一枚キャッシングカードをつくる方がお勧めな気がするのは私だけではないと思います。


高いカード発行率のクレジットカードや金融会社を当ブログでは紹介しています。
PR
キャッシング時に、耳にする「ブラック」という言葉があります。

怪しげな金融会社、いわゆる闇金業者などから借りるしかない状況の方は、おそらくブラックリストに名前が載ってしまい、通常のキャッシング会社から借り入れ出来ない状態の方を指します。

他店で複数にまたがる債務で苦しんでいる多重債務者は、現在200万人近くいると言われており、今後も増えていくと言われています。

通常、キャッシングをした方の個人情報は、「個人信用情報」というリストに掲載されます。
その中で、特に注意すべき人物をブラックと呼んでいます。
要注意人物とマークされる理由は、返済の滞納と遅延です。
そしてこの記録は5年間残ると言われており、借逃げした場合は7年間、ブラックとして記録されてしまうという話です。

そして、短期間に複数の金融業者に融資申込みを行うことも、申込み者の信用を疑われ、その後の審査が困難となる状態を「申込みブラック」と呼ばれています。

そこで、気になるのは「申し込みブラック」は何件までがブラックと判断されるのか、どれくらいの期間での複数申し込みなのかということを知っておく必要があります。

申し込みブラックというケースでは、1〜2週間の間に3〜5件以上の申込みを行うと、「申込みブラック」扱いになるケースが多いようです。

当然、店舗や会社により融資の基準も関係してきますので、一概には言えませんが、これまでの融資状況や審査状況を平均して見ると、前述した4、5件以上が「ブラック」のボーダーであり、これ以上は連続した審査申込みは、信用を落とす可能性があります。

逆の立場に立って考えれば、実際に融資を受け付ける金融会社側としては、たった数日の間に何件も審査申し込みを行っている人物に対して、まず疑問を持つのが一般的なのかもしれません。

数日の間に何店も申込みを行っているということは、どこからも借りられない証拠と見なされ、たとえ借りられたとしても、1度目の返済日にかなりの金額の返済を行わなければならず、その後の展開は想像に難しくありません。

審査に可決する前提として、金融業者は、金利という手数料を支払ってもらうことで運営が成り立っています。これには当然、毎月の返済が確実に出来ることが最低条件となります。

当然、多重債務者や、何度も申し込みを行っている人に融資をするということは、それだけリスクを伴うことでもあるのです。
お金を貸付する者の立場に立ってみれば、貸してもリスクが少ない「しっかり返済してくれる」相手に審査を通そうとするのは当然なのかもしれません。

これらを踏まえると、借入の審査申し込みは、少なくとも1ヶ月間で2〜3件まで、もしキャッシングの申し込みを行う場合は、最低でも1ヶ月以上は間隔を空けた方が無難でしょう。

せっかく審査に通過できる収入条件をもっていても、申込みブラック扱いでは審査に否決されてしまいます。
自分で自分の首を絞めることのないように申込み時には、気をつけたいものです。
他店で利用中の借金返済の負担を減らす方法として人気の高い「借換えローン」は、「借金一本化」とも呼ばれております。
消費者金融をはじめ、銀行系カードローンや信販系ローンでも商品名化されるほど評判の高いローンプランです。

しかし借金返済に苦しむ人を救う「おまとめローン」が、逆に多重債務者を増やす原因となるというニュースが昨年あったのは記憶に新しい。

つまり、「一本化によって、返済額の負担が軽くなると、借金が減った感覚になり、空いたキャッシング枠で再度借り入れしてしまい、結局負債は減るどころか、更に増えてしまう」という内容のニュースだった。

さすがにそれは、借り手側の問題のような気もするのだが、本来、返済の負担を軽減すべき提案という形の「おまとめローン」が、金融会社によっては更なる追い貸しのチャンスと捉えている金融会社も存在するのかもしれません。

ここで「借換ローン」を利用する時の注意点をまとめます。
▼現在の債務状況(借りているローン会社)の把握
▼現在の借入れしている利息条件
▼現在の借り入れ借金の合計
▼一本化する際のパートナーとなるローンの選定(比較調査)
▼借り換えパートナーの金利・手数料の確認
▼自分にとって有利な条件のみでのおまとめローン

ここに付け加えたいのは
▼借金一本化に成功したら、極力早めに完済させる
という点でしょうか。


もちろん毎月の返済が、生活に支障のないレベルであるべきですが、借り換えが完了してスッキリしたからといって、他社の借り入れを増やすというのは本末転倒な話です。(私自身も経験があるので、気持ちはよく分かるのですが...)

借換えローンにすがるという状況は、やはり債務超過というか負担が大きかった訳です。せっかくおまとめローンで1社におまとめができても、借金が無くなるわけではないのです。そこを肝に銘じ、上手に「おまとめローン」と付き合っていきたいものですね。
広告
カテゴリー
ブログ内検索
info
バーコード
忍者ブログ [PR]