忍者ブログ
多重債務者向けの借り換えローンで借金一本化の金融情報は、おまとめローンに関する情報を提供中
[323]  [320]  [318]  [316]  [315]  [311]  [308]  [306]  [302]  [301]  [298
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クレジットカードには、キャッシング枠というお金を借りる機能がついています。
しかし、限度額まで目一杯使ってしまうと、それ以上キャッシングする事は出来ません。

そこでクレジットカードのショッピング枠を利用してお金を借入できるシステムがあります。
キャッシング枠を使い切っても、ショッピング枠を利用して借り入れができるというのがウリのようです。

既にお持ちのクレジットカードという事もあり、警戒心がゆるみがちですが、このシステムの使う前に確認しておくべき点をまとめてみました。


キャッシング枠を使い切るとそれ以上お金を借りることは不可能ですが、ショッピング枠が残っていればカードで買い物は可能です。
それで金券等のモノを買って売るなどして換金してしまえば、結果的に現金を手にすることができるという前提で、このシステムは成り立っています。

つまり、クレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスの多くは、ショッピング枠で買い物をさせ、その後キャッシュバックを行うことで現金化を行っています。
中には売った商品を買い戻すことで現金化する業者もいるようです。
結果的に、利用者は「クレジットカードの枠を使って現金を手に入れた」という気分で、すなわちショッピング枠が現金化できるというシステムです。

しかし当たり前のことですが、クレジットカードで買った分は後で返済することになりますから、実質的にはお金を借りる(キャッシング)行為と同じです。

お金を借りると言えば、本来それを業として行っている消費者金融会社があります。
消費者金融の金利は20%台が一般ですが、「ショッピング枠を現金化」では90%といった高キャッシュバック率を前面に出し、消費者金融より金利が安いということをアピールしようとしています。
果たして、それは本当でしょうか。実際に計算してみましょう。


☆ショッピング枠 100万円
☆キャッシュバック率 9割(90%)
☆カードの引き落とし日 2ヶ月先(商品代金を支払う日)

というケースで考えると、100万円の枠を使い、90万円のキャッシュバックを得る。
これだけだと「利息は10%?」に見えます。
消費者金融が大体20%台ですから、こっちの方が安く見えます。
しかし、問題は「年利が何%か」です。
クレジットの支払日が2ヶ月先であれば、このケースは

★90万円借りて
★支払期限が2ヶ月先で
★100万円にして返さなければならない

つまり、2ヶ月で90万が100万になるから、この期間の利息は約11.1%。
2ヶ月で11%ということは、12ヶ月にすると66%。
つまり、年利66%で借りているのと同じことになります。
仮にキャッシュバック率が95%でも、年利は31%になる計算です。

カードの支払が分割だった場合、現金化利用分の利息は低くなりますが、同時にカード会社の利息が発生します。通常、カード会社の利息は10〜15%ありますから、分割払いにしたところでトータルの金利がこれを下回ることはありません。

なお、これは直接お金を借りているわけではなく、あくまで商品購入代のキャッシュバックなので、利息制限法や出資法には抵触しませんが、キャッシング枠が無くなったから、奥の手というには余りにもお粗末ではないでしょうか。

ショッピング枠を現金化するには前述した内容を踏まえ、納得した上で、利用するなら問題ありませんが、そんな高額の金利を払う計算ならば、もう一枚キャッシングカードをつくる方がお勧めな気がするのは私だけではないと思います。


高いカード発行率のクレジットカードや金融会社を当ブログでは紹介しています。
PR
広告
カテゴリー
ブログ内検索
info
バーコード
忍者ブログ [PR]